水道工事に必要な資格は?資格取得のための勉強方法をアドバイス!

水道工事は日常生活を支える大事な仕事です。そんな水道工事を行うためには、様々な資格が必要となります。こちらでは、水道工事に必要な資格と効率的な勉強方法をご紹介します。

水道工事に必要な資格とは?

水道工事に必要な資格とは?

水道のつまりや水漏れの修理、下水道工事など、水道工事は多岐にわたります。水道工事を行う際には、以下の資格が必要です。

給水装置工事主任技術者

給水装置に関する技術管理や給水装置工事に従事する者たちへの技術指導が行える国家資格です。また、施工した給水装置は水道市業者が検査しますが、このときの立会人になるためにも、この資格が必要となります。

下水道排水設備工事責任技術者

下水道工事は各市町村の条例で指定された工事店でなければ、設計・工事を行えません。この指定工事店の認可を受けるためには、「下水道排水設備工事責任技術者」を持った責任者が必要です。つまり、下水道工事をするためには、必要不可欠な資格となるのです。

管工事施工管理技士

建設物工事の内、冷暖房設備工事、空調設備工事・給排水設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理・品質管理などの業務を行える資格です。この資格を持っていると、工事現場の監理技術者・主任技術者に専任することができます。

水道技術管理者

水道事業の設置者が必ず専任しなければならないのが、この資格です。安全な飲料水を提供するために、水道の維持管理を行うのが、主な仕事となります。

紹介した4つの資格がなければ、大規模な工事を請け負うことはできません。これらの資格を身につけておけば、水道工事会社からの需要があるため、就職が有利になります。

資格取得に役立てたい勉強法とは?

資格取得に役立てたい勉強法とは?

水道工事に必要な資格の多くは、しっかりと勉強しなければ合格できません。勉強方法は、独学で勉強するか通信教材を利用するのが一般的です。

独学で勉強する場合には、書店や通販サイトで参考書・過去問題集を購入し、勉強した方が良いでしょう。問題をこなしわからない用語を一つひとつ覚えていくことで、合格率がアップします。どの問題集を購入すれば良いのかわからないという場合には、レビューや評価を参考に、最新の形式に沿ったものを選ぶことをおすすめします。

また、資格取得のために勉強している方の多くは、仕事と試験勉強を両立しながら試験にのぞむかと思います。そうした場合には、休日にまとめて勉強しようとしても試験範囲が終わらなかったり、疲れにより休日に勉強できなかったりします。慣れていない内は通勤時間や昼休みを利用して勉強するようにして、慣れてきたら時間を増やしていきましょう。

水道工事の資格を取得すれば、関連企業からの需要があるため、就職に有利になります。取得した資格を活かしたいとお考えの方は、神戸の近畿総合設備株式会社へお越しください。近畿総合設備株式会社では、給排水設備・電気設備・空調設備に関わる書類の作成、現場監督を行う人材を募集しています。

現場は神戸市を中心とした兵庫県南部・大阪市内を中心とした大阪府北部です。会社が認めた資格に関しては、講習や資格取得費用を全額負担していますので、仕事をしながらスキルアップができます。資格取得や能力次第ではベースアップもありますので、求人をお探しの方は、神戸にある近畿総合設備株式会社までご連絡ください。

神戸で水道工事の業者をお探しなら近畿総合設備株式会社まで

会社名 近畿総合設備株式会社
住所 〒651-1353 兵庫県神戸市北区八多町吉尾318番地1
TEL 078-907-5501
最寄り駅 神戸電鉄田尾寺駅
アクセス バス
神戸電鉄・岡場駅から神姫バス・吉尾インター停留所もしくは吉尾停留所・下車徒歩3分
電車
神戸電鉄・田尾寺駅から徒歩25分

六甲北有料道路・吉尾インターより1分
駐車場 3台
業種 衛生設備工事、管工事、給排水設備工事、空調設備工事、消防用設備保守、水道衛生工事・保守、水道衛生設備工事、電気工事、排水管つまり清掃、風呂釜・浴槽、リフォーム
URL https://kinki-ss.com/
PAGE TOP