定期点検でトラブルを未然に防ごう!~電気設備でよくあるトラブルとは?~

電気設備は精密な機械であるため、トラブルがつきものです。しかし、定期的な点検を行えば、トラブルを未然に防ぐことができます。こちらでは、電気設備でよくあるトラブル、定期点検の種類とメリットをご紹介します。

電気設備のよくあるトラブル

電気設備のよくあるトラブル

受変電設備のトラブル

経年劣化による絶縁不良・接触不良によって、ケーブルや開閉器・遮断器が故障し、通電不可になる場合があります。また、開閉器・遮断器の電気容量選定ミスなどにより、頻繁に遮断されるなどのトラブルもあります。

老朽による故障

差し込み不良や接続部の老朽化によるゆるみ、たまったホコリなどが原因で、短絡が発生し、火事となる場合があります。定期的に点検し、劣化が見られる場合には、早めに新しいものに交換しましょう。

誤操作、誤接続による機械の故障

設備更新時・移設時に、接続電源の電圧ミスによる電動機焼損、三相配線の誤接続による回転機器の逆作動が発生する場合があります。

漏電・感電

設備の老朽化やケーブル損傷、接点の接触不良・異物付着により漏電が発生することがあります。活線状態に気づかずに作業を行えば、感電する場合がありますので大変危険です。電気設備の点検・整備はこまめに行い、老朽化が進んでいる場合には機器を交換しましょう。

月次・年次点検について

月次・年次点検について

電気工作物は、電気事業法によって定期的な点検が義務づけられています。電圧30V以上の電気工作物に関しては、月一回以上の日常的点検(月次点検)、年一回以上の定期点検(年次点検)を実施し、点検記録を保管しなければなりません。

年次点検は、年一回以上の点検が原則ですが、使用している機器の信頼性が高いなど、諸条件が満たされている場合には、3年に一回以上とすることが可能です。定期的な点検を行い、電気の使用状況や電圧をチェックしていくことで、考えられるトラブルを未然に防ぐことができます。

電気トラブルを早期発見でき、適切な処置をとるためにも電気工事の専門家は必要です。神戸の近畿総合設備株式会社は、電気工事・定期点検を行っています。経験と知識を活かして対応しますので、電気に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

電気コラブルでお困りの方はいらっしゃいませんか?配線のショートや漏電などは、火災・感電の原因となる危険性が高いトラブルです。こうしたトラブルを防ぐためにも、日々の点検・メンテナンスを心がけましょう。

電気工事に関する相談は、神戸の近畿総合設備株式会社までご連絡ください。近畿総合設備株式会社には、神戸を中心に京都・大阪でビル・工場・飲食店などの電気工事・エアコン工事を行ってきた実績があります。電気設備の状況に合わせて、適切なプランをご提案させていただきますので、いつでもお気軽にご相談ください。

また、エアコン・カメラの販売も行っていますので取り付けの際に併せて購入することも可能です。建築設備のトータルカンパニーとして、これからも努力を続けてまいりますので、神戸の北区にある近畿総合設備株式会社までお問い合わせください。

電気トラブルに関するご相談は神戸の電気工事業者まで

会社名 近畿総合設備株式会社
住所 〒651-1353 兵庫県神戸市北区八多町吉尾318番地1
TEL 078-907-5501
最寄り駅 神戸電鉄田尾寺駅
アクセス バス
神戸電鉄・岡場駅から神姫バス・吉尾インター停留所もしくは吉尾停留所・下車徒歩3分
電車
神戸電鉄・田尾寺駅から徒歩25分

六甲北有料道路・吉尾インターより1分
駐車場 3台
業種 衛生設備工事、管工事、給排水設備工事、空調設備工事、消防用設備保守、水道衛生工事・保守、水道衛生設備工事、電気工事、排水管つまり清掃、風呂釜・浴槽、リフォーム
URL https://kinki-ss.com/
PAGE TOP