消防設備の定期点検は忘れずに!~消防設備工事は神戸の近畿総合設備株式会社まで~

消防設備があることで、火災が発生した時に素早く逃げることができ、消火活動を迅速に行うことができます。しかし、これらの設備も年数が経つと次第に劣化してきますので、安全に使うためには定期的な点検が必要なのです。そこで今回は、消防設備の点検方法を詳しくご紹介します。

安全に使用するために!消防設備の定期点検は必ずしておくべき

安全に使用するために!消防設備の定期点検は必ずしておくべき

消防法第17条に基づき、消防用設備の設置が義務付けられている防火対象物の関係者は、その消防設備等を定期的に点検し、その結果を消防長、消防署長に報告する義務があります。また消防法では、これらの点検、整備だけでなく適正に維持管理することも義務付けています。消防設備点検の具体的な内容は、以下の通りです。

機器点検

機器点検では6ヶ月に1回以上、損傷などの有無、その他外観から判断できる事項、外観もしくは簡単な操作から判断できる機能を確認します。

総合点検

総合点検では1年に1回以上、消防設備の全部または一部を作動させ、総合的な機能を点検基準に基づき、点検します。

これらの点検結果を報告せず、または虚偽の報告をした場合30万円以下の罰金、拘留という罰則がありますので、十分ご注意ください。神戸の近畿総合設備株式会社では、専門のスタッフが消防点検を行っています。企業様、アパートの大家様、雑貨店、ホテル、病院などで消防点検が必要な場合は是非ご用命ください。

消防設備の種類にはどんなものがあるの?

消防設備の種類にはどんなものがあるの?

消防設備とは、文字通り火事が発生したときに消火をする道具などを指します。消火の道具と聞くと、真っ先に消火器を思い浮かべるかと思いますが、消火器だけが消防設備ではありません。それでは、消防設備にはどのようなものがあるのか、その種類や設置場所を詳しく見ていきましょう。

消火設備

消火器やスプリンクラーなどは、火を消すための消火設備です。その他にも、動力消火ポンプ設備、屋外消火栓設備なども、この消火設備の中に入ります。

警報設備

警報設備とは、火事が発生したことを周囲に知らせるための設備です。大きな施設の場合には、火災が起きてもすぐにはわからないことが多いでしょう。そのため、自動火災報知設備、漏電火災警報器、ガス漏れ火災警報設備などを施設に設置する必要があるのです。警報設備には、熱や煙を自動的に感知し警報を鳴らすものもあれば、人が手動で鳴らすものもあります。

避難設備

避難設備とは、火災発生時に人が安全に避難するための設備です。避難はしごやスロープ、防火扉への誘導灯なども避難設備の一種です。また、窓を壊す斧のような道具も避難設備の中に入ります。

警報機や火災報知器が鳴らない、といった消防設備の不具合はありませんか?いざという時に消防設備が動かないと、避難や消火が遅れて被害が拡大する恐れがありますので、定期的なメンテナンスは欠かせません。

神戸で消防設備工事を依頼するなら、建設業許可をいただいている近畿総合設備株式会社をご連絡ください。神戸の近畿総合設備株式会社では、消防法に基づいた消防設備工事・点検を行い、建物と利用者の安全を守ります。消火器やスプリンクラーをはじめ、火災報知器や警報機、避難はしごの点検・修理はお任せください。

また、幅広い資格を持つ技術者が多数在籍していますので、消防設備工事のみならず、給排水衛生設備・空調設備・電気設備など、あらゆる建築設備工事に対応いたします。

消防設備工事・点検のご用命は神戸の近畿総合設備株式会社まで

会社名 近畿総合設備株式会社
住所 〒651-1353 兵庫県神戸市北区八多町吉尾318番地1
TEL 078-907-5501
最寄り駅 神戸電鉄田尾寺駅
アクセス バス
神戸電鉄・岡場駅から神姫バス・吉尾インター停留所もしくは吉尾停留所・下車徒歩3分
電車
神戸電鉄・田尾寺駅から徒歩25分

六甲北有料道路・吉尾インターより1分
駐車場 3台
業種 衛生設備工事、管工事、給排水設備工事、空調設備工事、消防用設備保守、水道衛生工事・保守、水道衛生設備工事、電気工事、排水管つまり清掃、風呂釜・浴槽、リフォーム
URL https://kinki-ss.com/
PAGE TOP